忘れ去られた誕生日

Family ties

今日も暑い一日ご苦労様でした。
今もそこそこ暑い夜ですが・・・

家庭内ルール

我が家は小生、妻、息子二人の4人家族、ある意味典型的な核家族。
ここ東京ではそう珍しく無い。

どこの家庭にもその家庭の中でのルールが大なり小なり、自然発生的にあるものだ。もちろん我が家にも幾つかのルール、決まり事がある。
ちなみに、その内の一つに家族の誕生日に関してのルールは、その誕生日が平日であった場合は前倒しでその週の土日、つまり家族全員が確実に集える日に行う。どうしても都合が悪い日は平日でも行う事になるが、その場合前もって当日にするか、前倒しで行うか割と早い段階で決めておく。多分、割と多くの家庭でもこれに近いルールがあるのではないでしょうか。




俺、今日誕生日なんだけど・・・

実は小生、本日が誕生日なんです。
本来なら、先に述べた家庭内ルールから行けば、先の土日にささやかな誕生会を行なっていたはずなんですが・・・何もなく過ぎてしまい、当日の今日やるのかと思い今に至ってます。(^^ゞ

ここ数週間、小生の誕生日云々など全く話に上がらなかったので、まさか??
いやいや、そんな筈無いよな~~等と高を括って居ましたが、そのまさかが今現実になろうとしてます。

今日があと1時間を切った今、これから誕生日おめでとうはないよな。(^^ゞ
第一、子供たちは寝てるし。カミさんの今寝たような・・・

人生長く生きてると色々な事があるけど・・・
まさか、10数年一緒にいる家族に完全に忘れられるとは。
こんな経験そうそうできるものでもないので、負け惜しみではないですが楽しんでます。

帰宅後は普通に振る舞い、誕生日とか記念日とかを連想させるよな単語を使わず頑張ってます。あと50分で私の勝利だ!
あと一息!!気を抜くな!!

FBでは朝から沢山の知人からおめでとうのメッセージが届けられ、返信に追われた。有り難い事だが大変だった。今もBLOGを書きながら返信している。

SNSが無いと自分の存在価値を確認出来ない誕生日とはさすがに複雑な心境。

ともあれ、小生にとって歴史的な一日が終わろうとしている。
いつか、この過ぎ去った誕生日の事に気付いてどういう対応を取るのかワクワクする。

では、これから一人で祝杯をあげることにします。
ではまた。




コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました